TOP » サプリはじめて物語~エナージナーゼの開発~ » 生きたまま酵素・エナージナーゼ 原料と品質へのこだわり

生きたまま酵素・エナージナーゼ 原料と品質へのこだわり

健康維持や病気予防にも人気の生きたまま酵素サプリ・エナージナーゼが、どのようにして作られているか、工場での製造のようす、品質と安全性へのこだわり、原料と栄養成分などについてまとめました。

エナージナーゼはどのような原料から作られているの?

エナージナーゼは、赤ちゃんからお年寄りまで安心して飲むことができる酵素サプリとして開発されましたが、その背景にはしっかり完全性が確保できるようなトレーサビリティの担保や独自の原料選び、品質管理と製造方法を徹底する姿勢が貫かれています。たとえば以下のような特徴からもそれがわかります。

  • 原料はすべて国産&指定の有機栽培の原材料を使用(すべて植物由来)
  • 放射能汚染に影響のない地域での品種に限定
  • 第三者機関での放射能検査も実施

最近は、健康食品などの原材料においても放射能の影響が懸念されていますが、品種を限定したうえで、放射能検査も行うなど、徹底しています。

安全性の担保を徹底していることはもちろん、栄養価に優れた植物由来原料が厳選されているのも、エナージナーゼの大きな魅力!2種類のカプセルには、以下の原材料が使われています。

エナージナーゼの原材料一覧

黒大豆・大豆ペプチド

イソフラボン、たんぱく質、ミネラル、食物繊維、ビタミンなどの豊富な栄養素を含んだ大豆の中でも、さらに優れた栄養価値のある黒大豆。若返りや、生活習慣病の予防に良いポリフェノールも豊富に含まれています。

小麦・大麦

大麦は、お米と比べて、食物繊維が17倍以上、カルシウムは3倍、カリウムは2倍と、栄養価が豊富。お腹の調子を整えたり、糖質の吸収を穏やかにしたり、血圧の抑制、コレステロール値を正常にする働きなどがあります。

米ぬか・米胚芽

本来、お米の中で最も栄養価が高いといわれるのが、胚芽と米ぬか。米胚芽では、栄養価は白米の16倍以上で、全身の巡りを良くするビタミンE、健康成分として話題のギャバ、ビタミンB群などが含まれています。

海藻・海藻ミネラル

昆布やワカメなどの海藻に含まれる種類豊富な海藻ミネラルも配合。まとめて摂ることで相乗効果が高まり、血液、筋肉、髪、骨、歯などをまとめて健康にします。海藻類から抽出されるフコダインは、免疫を高める働きやガン予防の働きも期待されています。

黒ゴマ

セサミンをはじめ、ビタミンB、食物繊維、カルシウム、鉄分、ビタミンEなどの栄養素が詰まっている黒ゴマ。肝機能、高血圧、糖尿病、メタボ等、さまざまな病気予防にも良いです。

銀杏葉エキス

イチョウの葉=血液サラサラ作用!といえるほど、血管に特化した2種類の抗酸化成分が含まれています。 フラボノイド、ギンコライドには抗酸化作用や抗炎症作用があり、血栓を防ぐ作用があると言われいます。

松かさエキス

腫瘍、滋養強壮、冷え性、高血圧などを改善するために古くから親しまれてきた松かさ。 抗ウィルス作用もあり、さまざまな病気から身を守ったり、肝機能の改善、アレルギーやストレスの緩和にも役立ちます。

品質へのこだわり

原料の素晴らしさに加え、エナージナーゼが選ばれている理由は、品質の高さにもあります。サプリの製造工場では、毎日安心して飲めるよう、さまざまな工夫がされているのです。

セキュリティ

関係者以外の立ち入りを禁止するため、工場の出入り口には防犯カメラを設置。入室時の厳重なセキュリティチェックを行ったり、工場内にもカメラがあり、作業員の作業や、マシンの異常も随時、監視しています。

異物混入防止の取り組み

一般的な工場で行われている、粘着ローラーでの付着物の除去のほかに、エアシャワー、製造エリアへの持ち込み物の管理を徹底して行っています。

機械+人の手による二重の製造管理

製造は、機械任せにはせず、人の手を通して行っているのも、こだわりのひとつです。原料の発酵中、カプセル後の破損チェック、カプセルをシート化した後、箱詰後、商品出荷直前の5段階で、手作業でのチェックが行われています。

出荷前の最終検査やトレーサビリティ管理

  1. カプセル化する前に酵素活性の検査を第三者機関(鈴鹿医療大学)が実施。活性値が、基準値に満たない場合は再度作り直す。
  2. 放射能検査を日本食品分析センターにて実施。
  3. シート化した後、カプセルの内容量が微量でも不足している場合ははじかれる。
  4. 箱詰めした後、重さが基準値に満たない場合は出荷できない仕様になっている。カプセル1粒分が足らない場合でも機械が反応する。

サプリ博士と助手のまとめ

毎日安心して飲めるサプリメントを作るには、原料の選定から製造工程におけるまで、並々ならぬ努力が必要なんじゃな!その証拠にエナージナーゼは、厚生労働省の「GMP認定」も取得しておるんだ。
「GMP認定」とは、健康食品メーカーや工場に与えられる、品質と安全性が担保されている証明にもなりますよね?第三者機関がチェックしているから、消費者がサプリメントの品質を知るには良い基準になりますね。
そうじゃ。GMP認定は、原料の受け入れから最終製品の出荷にいたるまで、厚生労働省の厳しいチェックを経て初めて取得できる。厚生労働省の元で運営している証(あかし)のようなものだから、品質管理に関してはまず安心して良いだろう。そのうえエナージナーゼは、植物由来の国産原材料にも徹底してこだわっているから、子どもから高齢者までどのような人が摂っても大丈夫な製品と言ってよいのじゃよ。
bana
bana_sp